[PR]

 アサヒ飲料は、乳酸菌飲料カルピスが発売100周年を迎えたのを記念して10月にオープンする見学施設「『カルピス』みらいのミュージアム」(群馬県館林市)を、報道向けに公開した。カルピスブランド初の見学施設で、さらなるファン開拓を図る。

 ミュージアムはカルピスを製造する群馬工場に併設されている。所要時間90分の見学ツアーでは、まず創業者の三島海雲がカルピスの発明にいたったエピソードを紹介するアニメを観賞。展示フロアには歴代の広告やパッケージを並べたギャラリーのほか、映像によって製造工程を学べるコーナーがある。発酵タンクをイメージした「発酵のへや」では、映像で乳酸菌による発酵工程がみられ、香りも体験できる。

 見学ツアーは無料。インターネットか電話(0276・74・8593)による事前予約制で、受け付けを始めている。東武伊勢崎線館林駅から車で10分。(長橋亮文)