[PR]

(24日、高校野球山形大会 鶴岡東11―7山形中央)

 鶴岡東が隙を逃さず、強打に中軸の小技も絡ませた。同点の五回、相手の制球の乱れに乗じ、大井の犠打を挟んで8人連続出塁で7得点。3死球後に宝田、影山、河野の3連打でたたみかけた。六回にも敵失で追加点を奪った。2併殺の堅守も披露した。

 山形中央は前半、先手を取った。継投は裏目に出たが、大量失点後も粘り強かった。焦らずにボールを見極め五回に村上、八回に高木がそれぞれ2点適時打。九回は代打菅野の本塁打で追い上げた。相手を上回る13安打。投手力を含めた守備の差が明暗を分けた。