[PR]

(24日、高校野球愛媛大会 川之江7-0新居浜高専)

 四国地方の梅雨明けが発表された24日、坊っちゃんスタジアムにも夏の日差しが照りつけた。

 第2試合に登場した川之江の一塁側スタンドでは、同校の生徒会役員がチアリーダーやブラスバンドに氷水で冷やしたタオルを配っていた。

 生徒会の大西海翔君(2年)は「初戦より日が出てきて、暑いっす!」。三回裏、さらに日差しが強まったところで、チームは一挙に5点を先制。大西君は「応援のしがいがあります。この勢いのまま、甲子園まで勝ち進んでほしい」と語った。(照井琢見)