[PR]

 8月30日に開業する中部空港直結の県国際展示場「Aichi Sky Expo」(愛知県常滑市)の報道機関向け内覧会が、24日にあった。

 県国際展示場は、六つの展示ホールや18の会議室があり、展示面積は約6万平方メートル。東京ビッグサイト(東京都江東区)、幕張メッセ(千葉市美浜区)、インテックス大阪(大阪市住之江区)に次いで国内4位の規模を誇る。また、国内で唯一、関税不要で外国製品を展示出来る「保税展示場」の常設会場になる。国際的なイベントや会議を誘致し、海外からの来県客が増えることが期待されている。

 天井や壁、部屋の案内板などに愛知県三河地域産の杉が使われているほか、常滑市で作ったタイルや瀬戸市のれんがなど、愛知県産品が多く活用されている。入り口付近には100種類以上の植物を密集させた柱を50本以上設置するなど、豊かな自然が感じられるデザインになっている。

 8月3日には一般向けの内覧会…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら