[PR]

 三重県志摩市の水族館「志摩マリンランド」で、全身が「ほぼ黄金」のカエルが展示されている。6月13日に市内の民家の畑に植えられているキウイフルーツの葉の裏で見つかったといい、9月1日まで行われている夏季特別展の目玉として人気を集めている。

 見つかったカエルはシュレーゲルアオガエルという種類で、本州から四国、九州に幅広く生息する。体長は3センチほど、小型の昆虫や節足動物をエサとする。通常は緑色だが、今回の個体について担当者は「色彩変異と呼ばれる遺伝子の異常で黄色になったとみられる。とても珍しい個体だ」と話す。

 問い合わせは志摩マリンランド(0599・43・1225)へ。

関連ニュース