[PR]

 青森市営バスの50代の男性運転手が、乗車しようとした車いすの40代の女性に対して、乗車の事前連絡がなかったことを理由に「ほかのお客さんに迷惑だ」との趣旨の発言をしていたことが24日、市への取材で分かった。

 市によると、20日午後7時ごろ、青森駅前のバス停で女性が乗車しようとした際、運転手が「乗るなら事前に電話しろ」と女性に問いただしたという。女性は乗車直前に事前連絡の電話をかけていたが、通話中にバスが来たため運転手が把握していなかった。

 同日夜に第三者からの情報提供で市が事態を把握。市の聴取に対して運転手は「スムーズに対応するため事前連絡をしてほしいとの趣旨だった」と説明。市は女性に謝罪した上で「不快感を抱かせたのは事実。双方から話を聞き取り事実関係の確認を進めていきたい」としている。