[PR]

 夏の甲子園は野球だけじゃない――。8月26日に東京都内で開かれる「第9回全国高校生そば打ち選手権大会」に栃木県内から3校が出場する。「そば打ち甲子園」とも呼ばれ、出場する生徒たちは夏休みもソバ粉と格闘している。

 大会には全国から三十数校が出場し、「二八そば」のできを競う。40分の時間内に水回し、練り、のし、切りといった工程を4人で交代でこなす。衛生面や準備、片付けを含め総合的に審査される。

 県内からは、初出場以来2年連続で10位入賞を果たしている県立栃木農(栃木市)、初出場の宇都宮短大付(宇都宮市)、そして県内有数のソバ粉の生産地である鹿沼市の県立鹿沼南が昨年に続いて出場する。

 鹿沼南の出場生徒らは24日、…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら