[PR]

(24日、高校野球石川大会 星稜2―1遊学館)

 石川大会準々決勝。七回表、遊学館の三塁手、橋場洸介君(3年)が星稜打者の打球を捕って一塁に投げた直後、足をつり、その場に倒れ込んだ。

 星稜の三塁コーチ、高木宏望(ひろみ)君(2年)がすぐに駆け寄り、橋場君の右足を伸ばした。「一生懸命プレーしていた選手が、目の前で足をつって痛がっていたので。当たり前です」。星稜ベンチからは、寺沢孝多君(3年)も飛び出し、氷で橋場君のふくらはぎを冷やした。「氷は足をつる選手のために用意していた。相手も味方も関係ない。パッと行きました」

 橋場君は控え選手に背負われてベンチへ。試合後、「あのような心遣いがしっかりできるから、星稜は強い。勝つ気満々だったので悔しいが、甲子園に行って、全国制覇を目指して欲しい」と話した。(三井新)