[PR]

 NHKは24日、連続テレビ小説(朝ドラ)について、今は月~土曜の新作放送日を、来春開始の「エール」から月~金曜の週5日に短縮すると正式に発表した。放送中の「なつぞら」は全体で156話だが、「エール」は130話になる見通し。この日の定例会見で木田幸紀・放送総局長は「土曜日に新作を放送できないのは残念だが、総合的に勘案した結果、こういう判断をせざるをえなかった」と述べた。

 NHKは「エール」から朝ドラの4K制作を開始する。木田放送総局長は、4Kは収録や編集作業に時間がかかり制作期間がのびることが予想されると説明。NHKが進めるスタッフらの働き方改革も理由に挙げ、「楽しんで見て頂ける連続テレビ小説を継続して制作していくため」と語った。来秋開始の朝ドラも同様だとし、「当面は週5日で考えていきたい」とした。

 放送がなくなる土曜日については「平日見ることができない人を意識した新しいサービスになることができないか議論していく」、短縮による物語への影響については「週5日と最初に考えながら脚本を作ればそんなにない」とした。

 朝ドラは1961年に「娘と私」で1回20分、月~金曜の週5日で始まった。62年の2作目「あしたの風」から現在の1回15分、週6日になった。(黒田健朗)