[PR]

 テーマパーク、ショッピング、スポーツ、アート、カジノ、美食に音楽、ショーなど、あらゆる娯楽の超大国アメリカ。ニューヨーク、カリフォルニア、ハワイなど人気の旅行先が目白押しです。が、わずらわしく感じられるのがチップの慣習。スマートな支払い方を、在米の特派員たちに聞きました。

     ◇

 まずはニューヨーク支局の藤原学思記者。

Q チップ、どうしてますか。

A クレジットカードに頼っています。飲食店のチップは15~20%が相場と言われていて、15%=●●ドル、18%=●●ドル……などとレシートに書かれていることが多いです。私の場合、たとえば55.44ドルなら55ドルなどと端数を切り捨てます。タクシーも電子パネルがあり、チップの参考額が表示されます。

     ◇

 続いてワシントンが拠点の香取啓介記者。

Q ファストフード店でもチップは払うんですか?

A 決まりはありませんが、持ち…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも