[PR]

 宝塚歌劇団で花組トップ娘役を2年間つとめ、今年4月に退団したばかりの仙名彩世(せんなあやせ)さん。東京・松屋銀座の漫画家・萩尾望都さんのデビュー50周年記念「ポーの一族展」の会場を訪れ、自身が宝塚歌劇版で演じたバンパネラ(吸血鬼)のシーラ役や当時の思い出を振り返りました。「舞台に立ち続けたい」という、今後の決意も明かしてくれました。

     ◇

 ――展覧会を訪れての感想は

 会場に足を踏み入れた瞬間、すごく懐かしい感覚がよみがえってくるようで……。カーテンがひらっと揺れる、あのシーンが再現されていて、泣きそうになりました。いろいろな場面を振り返りながら原画を見ていくと、からだが熱くなった感覚がありました。

 ――花組公演「ポーの一族」(2018年)ではシーラ役を好演した

退団して3カ月。今後に向けた心境は。そして明日海りおへの思いも語ります。

 とにかく必死でした、あの頃は…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら