[PR]

 全国高校野球選手権愛媛大会は25日、3回戦計4試合があった。坊っちゃんスタジアムでは、大会3連覇をめざした済美が今治西にコールド負け。西条市ひうち球場では、聖カタリナが粘る伊予農を振り切った。26日も両球場で3回戦計4試合があり、8強が出そろう。

「あきらめない」後輩に伝えたい 済美・芦谷泰雅君

 済美は、第2シードの今治西を相手に苦しんでいた。エース左腕、村上滉典君(3年)の伸びのある直球、キレのある変化球に手が出ない。打線は五回まで2安打に抑え込まれた。

 逆にチームはここまで2人の1年生投手が継投。主将で捕手の芦谷泰雅君(3年)が懸命にリードしたが、四回に2点本塁打を許すなど、9安打を浴びて6点差をつけられていた。

 六回裏1死、「ランナーを出して次につなげたい」と芦谷君が打席に入った。しかし、打球は詰まって二ゴロ。この回も無得点に終わった。唇をかんでベンチに戻ったが、チームが何度も演じてきた劇的な勝利を思い浮かべていた。

 昨夏の甲子園、星稜(石川)との2回戦。2点を追う十三回裏、先輩が大会史上初となる逆転サヨナラ満塁本塁打を放つのを、その場で見ていた。3連覇をかけた今夏の愛媛大会2回戦では、同点の九回、自ら左翼席へ2点サヨナラ本塁打を放った。

 「最後まであきらめなければ何かある」。そう信じていた。

 しかし七回表、1点を追加されて0―7となり、コールド負けの危機に。その裏、1死一、二塁のチャンスで1番打者が打席に入ると、4番の芦谷君は早々とヘルメットをかぶった。「回ってきたら1本出す」。打順を待ったが、2者連続で打ち取られ、大会3連覇の夢はついえた。

 下級生主体のチームを必死に引っ張ってきた1年間だった。「後輩たちは期待以上の投球をしてくれた。どうにかして甲子園に連れて行きたかったけど、自分のリードが力不足だった」。試合後、ベンチ裏で大粒の涙をこぼした。

 後輩たちに伝えたいことはひとつ。「最後まであきらめずに、次は優勝してほしい」(照井琢見)