[PR]

 北朝鮮が発射した「飛翔(ひしょう)体」について、防衛省は25日午前、「我が国領域や排他的経済水域(EEZ)への弾道ミサイルの飛来は確認されておらず、現時点において、我が国の安全保障に直ちに影響を与えるような事態は確認されていない」と発表した。

     ◇

 北朝鮮が発射した飛翔(ひしょう)体について岩屋毅防衛相は25日午前、記者団に対し、「非常に遺憾だ」と述べた。米朝関係や日朝関係への影響について「好ましくない事態であることには間違いない」と語った。発射した数や種類、飛距離、意図については「分析中」とするにとどめた。

     ◇

 北朝鮮が発射した飛翔(ひしょう)体について安倍晋三首相は25日午前、滞在先の山梨県富士河口湖町のゴルフ場で記者団に対し、「我が国の安全保障に影響を与える事態ではないことは確認をしている。今後、米国と緊密に連携をしていく」と述べた。