参院議場バリアフリー準備 本議場の一部、改修へ

有料会員記事

[PR]

 参院選れいわ新選組の重度障害がある女性と難病患者の男性が初当選したことを受け、参院議院運営委員会は25日の理事会で、2人に採決時の押しボタンを介助者が代理で押すことを認め、大型車いすが入れるよう本会議場後方の議席を改修することを確認した。

 当選した木村英子氏は脳性まひで首から下を自由に動かせない。舩後(ふなご)靖彦氏は筋萎縮性側索硬化症(ALS)患者で、手足を動かせず声が出せない。ともに国会活動には、ベッド型の大型車いすでの移動や介助者が必要となる。

 理事会は本会議での採決方法…

この記事は有料会員記事です。残り518文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら