[PR]

 第2次大戦末期、米軍がテストのため国内各地に投下した模擬原爆「パンプキン」。その存在を知ってもらおうと、児童文学作家の令丈ヒロ子さん(55)が2011年に著した「パンプキン! 模擬原爆の夏」が今年、文庫本化された。被爆74年が近づくのを機に、作品への思いを聞いた。

「パンプキン! 模擬原爆の夏」あらすじ
大阪に住む小学校5年生の主人公ヒロカは、原爆とは無縁と思っていた自分の住む町に、模擬原爆が落とされた過去を知る。戦争の詳しい話を聞いたヒロカはショックを受けるが、それでもみんなに知ってほしいと模擬原爆について調べ始める

 書くきっかけは2003年、地元の大阪市東住吉区田辺のコンビニへ行く途中、マンション横の石碑が目に入って「なんやろ?」って。そばに寄って見たら「田辺の地に模擬原爆が投下」と書かれてたんです。

 「模擬原爆って何? 原爆って広島と長崎ちゃうの」。生まれ育った地元が原爆に関係していて、犠牲者がいる。しかも実験です。それで命が奪われるなんてやりきれない。それを知らんかった。ショックでした。知ってしまった以上、知らんかったことにはできない。日本中が知った方がいいと思った。

 本のアイデアを持ちかけると、…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら