[PR]

(25日、高校野球岩手大会 花巻東12―2大船渡)

 一回裏の立ち上がり。花巻東の先発・中森至投手(3年)は相手打線に3連打をあびても動じなかった。続く2打者を三振と内野ゴロに打ち取ると、「しゃあ!」。ほえながらベンチに戻った。

 「自分がいいゲームをつくり、(エースの)西舘へ渡す」。そんな思いでマウンドに立った。準決勝までは、ストライクを稼ぐため甘く入った直球を打ち返されるのが悩みだった。

 だがこの日はストライクゾーンを広く使い、角度をつけた投球で相手打線を翻弄(ほんろう)。チェンジアップやスライダーを織り交ぜて打者を打ち取り、5回までに1失点。流れを作り、味方打線の得点につなげた。

 先輩たちが甲子園出場を成し遂げた昨夏に続き、今度は自分たちの力でつかんだ夢の舞台だ。「どんな舞台でも試合の流れを作るのが自分の役目。気を引き締めて準備します」(太田原奈都乃)