[PR]

 世界各国を訪れた「旅人」だけが登録できる就職エージェントがある。その名も「旅人採用」。旅先で鍛えたコミュニケーション力やタフさがうけ、企業から続々と求人が寄せられているという。

 6月下旬の夜。「旅人採用」が主催する就活セミナーが都内で開かれた。出席した15人は、いずれも海外を旅した経験がある「旅人」たち。「旅人の強み」をテーマに、それぞれが旅した経験を披露した。南米やヨーロッパを一人で渡り歩いたという明治大学4年の吉田陽(みなみ)さん(22)は「臆せず人に話しかける社交性」が自分の強みと話した。「自分の五感を使って、色んなものを直接見たいという思いが根底にあります」

 「旅人採用」は、リゾート関連の人材派遣事業を手がける「ダイブ」(東京都新宿区)と、旅に関するメディアなどを展開する「TABIPPO」(東京都渋谷区)の2社が昨年に共同で立ち上げた。就職活動中の大学生に専任のアドバイザーをつけ、希望や適性に合った企業を紹介する。

 通常の就職エージェントと違い、登録できるのは、豊富な旅の経験がある「旅人」のみ。たとえば、新卒の学生は「5カ国以上の訪問もしくは1カ月以上の滞在経験」を持つことが条件。これまでに3500人が登録した。

 内定を得るまでは、海外経験が…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら