[PR]

 れいわ新選組の木村英子氏(54)は1日、多くの支援者に迎えられながら、大型の車いすで国会に初登院した。「障害者全体の就労は全然改善されていない。国会の中でお話しさせていただきたい」と意気込んだ。

 生後8カ月で、歩行器ごと自宅玄関に転げ落ち、頸椎(けいつい)を損傷した。脳性まひも判明して、手足で動かせるのは右手だけだ。

 幼いころから親元を離れ、神奈川県内の障害者施設で過ごした。小学5年の時、一時帰宅すると、家族に「死のう」と言われて、恐怖で泣き叫んだのが忘れられない。「障害者を抱える家族は介護に苦しむ。私の家もそうだった」。施設でも、トイレ補助を頼んでも無視されるなどの虐待を受けたという。

 19歳の時、東京都国立市の自…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら