[PR]

 カリブ海の米自治領プエルトリコのリカルド・ロセヨ知事(40)は24日、来月2日付で辞任すると表明した。後任はプエルトリコのバスケス司法長官が務めるという。ロセヨ氏はSNSで同性愛者や女性に対する差別的な発言をしていたことが発覚し、市民から辞任を求める声が高まり、抗議デモが続いていた。

 ロセヨ氏は側近とSNSのメッセージでやりとりした際、来年の知事選で対立候補になるとみられる中心都市サンフアンの女性市長を侮辱していたことなどを地元メディアに今月中旬暴露され、抗議デモが収まらない状態になっていた。(ニューヨーク=藤原学思)