[PR]

 日産自動車が25日発表した2019年4~6月期決算は、売上高が前年同期比12・7%減の2兆3724億円、本業のもうけを示す営業利益が98・5%減の16億円と大幅減益となった。4~6月期として減収減益は2年連続。

 売上高営業利益率は0・1%(前年同期は4・0%)まで落ち込んだ。純利益も94・5%減の63億円だった。日産は6月下旬の株主総会を経て新体制に移行したが、移行後初めての決算は厳しい結果になった。

 世界販売台数は6・0%減の1…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら