[PR]

 日本最大級のバス会社でもある西日本鉄道(福岡市)は25日、高級バスに乗って九州、山口を旅してもらうツアーを10月に始めると発表した。ドイツ製の革張りシートを使った「西鉄史上で最高級のラグジュアリーバス」を用意する。

 高速バス用の車両1台を約6千万円かけて改造。座席数を約40席から12席に絞り、ゆったりとくつろげるようにする。それぞれの座席の前には、福岡県の特産品「大川家具」を使った収納スペースを設ける。車体の色は白からシャンパンゴールドに塗り替え、高級感を演出する。

 このバスを使ったツアーはGRANDAYS(グランデイズ)と名付ける。料金は日帰りなら1人あたり3万円台、高級な宿に泊まってもらう旅は1泊2日で10万円台を想定。元気なシニア層を狙う。

 鉄道で競合するJR九州は、豪華寝台列車「ななつ星」を走らせており、今秋からのツアーは1人あたり1泊2日で30万円台から。価格の差はあるが、西鉄の倉富純男社長は「乗ってもらえれば『ななつバス』だったね、となるかもしれません」と話す。(山下裕志)