【動画】幼児の人形を乗せたフロートが流される速度を調べた=国民生活センター提供
[PR]

 水面に浮かべて子どもが乗って遊ぶ浮き具「フロート」。海水浴で家族連れなどに人気ですが、風で沖に流され戻れなくなる事故も起きています。消費者庁は、風が強い日は使用を控えるよう呼びかけています。

 海上保安庁によると、昨年、海で遊泳中におぼれたり自力で海岸に戻れなくなったりした14歳以下の子どもは70人。そのうち少なくとも7人がフロートで遊んでいた。福井県の海水浴場では、4歳の女児が流され、フロートの上に立ち上がったところバランスを崩して海に転落。肺に水がたまる肺水腫を起こし、入院治療が必要になった。

 国民生活センターなどは今年5~6月、幼児の人形(身長約100センチ、体重約15キロ)を乗せたフロートが流される速度などをテストした。

 プールでサーフボード型、イルカのような形、スワン型の3種類を比較したところ、背が高く風の影響を受けやすいスワン型が最も速く、サーフボード型、イルカ型の2倍以上の速さで流された。

 海水浴場での実験では、風速2~4メートルのあまり強くない風でも、スワン型は2分弱で海岸から5メートルの地点から50メートルの地点まで流された。途中で大人が海岸から救助に向かったが、水深が深くなるとなかなか前に進めず、追いつけなかった。

 消費者庁によると、子どもの体…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら