新聞脅かす「匿名インフルエンサー」正体なんと新聞社員

有料記事

バンコク=染田屋竜太
[PR]

 約50年続いたタイの英字紙ネーションが6月末で紙面の発行をやめた。バンコク・ポストとともに2大英字紙としての歴史を持つが、経営悪化によりデジタル発信に専念することになった。タイのメディアで何が起こっているのか。探ってみると、匿名の「インフルエンサー」に押され、苦しむ既存メディアの姿があった。

 ネーションは1971年創刊で、発行部数は6万~8万部(非公表)とされる。主にタイで暮らす外国人の情報源になってきた。しかし、2015年から2年間でタイ語新聞やテレビなどの部門を含めたグループ会社全体での売り上げが4割減るなど、業績が悪化。赤字経営の末、18年に別のメディア企業に買収された。

 「紙の発行停止は予想されたことだった」。買収と同時期にネーションを退社したテプチャイ・ヨンさん(64)は話す。約30年間、記者などとして新聞づくりに携わり、最後は編集長を務めた。「ネーションは月に100万バーツ(約350万円)を失うような経営だった」とテプチャイさんは振り返る。

 何度も生き残り策が話し合われ、バンコク・ポストとの提携も検討されていたという。

 「しかし、経営陣が代わって…

この記事は有料記事です。残り3329文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!