[PR]

 北朝鮮の朝鮮中央通信は1日、金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長が7月31日に「新たに開発した大口径操縦放射砲」の試験射撃を視察した、と報じた。

 北朝鮮では一般的に「多連装ロケット」のことを放射砲と表記する。北朝鮮は7月25日と31日にそれぞれ2発ずつ「飛翔(ひしょう)体」を発射。韓国軍はこの両方を「短距離弾道ミサイル」と断定していたが、朝鮮中央通信の報道により、31日に発射されたのがロケット砲だった可能性が出てきた。

 韓国軍の合同参謀本部の関係者は1日、31日に発射された2発について「詳細は分析中」としながら「これまでに北朝鮮が発射してきた短距離弾道ミサイルと類似する特性を持つ」と説明した。

 一方、韓国外交省の李度勲(イドフン)朝鮮半島平和交渉本部長は31日、バンコクで米国のビーガン北朝鮮政策特別代表と会談した。北朝鮮が発射したミサイルについて意見交換しつつ、米朝実務者協議の再開の重要性で一致した。(ソウル=清水大輔)