[PR]

 超音速で飛ぶ旅客機を復活させようという機運が高まっている。コストや騒音問題が重荷となり、英仏共同開発の「コンコルド」が退役して15年あまり。米国では複数の新興企業が開発を加速させ、政府も規制の見直しに動き出した。日本航空の東京発着便が復活の先陣を切るかもしれない。

 超音速旅客機を開発するのは、米コロラド州の新興企業ブーム・テクノロジーだ。ブレーク・ショール最高経営責任者(CEO)は6月のパリ航空ショーで自信たっぷりに語った。

 「環境面でも経済性でも持続可能な超音速機を生み出す。それだけの市場と技術が今、目の前にある」

 とがった機首に、細長い機体、…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。

無料会員の方に有料会員限定記事を無料公開しています。 ※一部記事を除く

無料会員に登録いただくと続きをお読みいただけます。すでに無料会員の方はログインして続きをお読みください。

無料会員の方に有料会員限定記事を無料公開しています。 ※一部記事を除く