【動画】第1回墓参の記念歌に送られて 北方墓参団が出港=大野正美撮影
[PR]

 「♪吹雪に打たれ霧にぬれ 叫び続けた故郷の 島に帰れる時がきた 新たな墓標あつらえて……」

 今年の第3次となる道主催の北方墓参団(柏原榮団長、49人)が26日、1964年の第1回墓参を記念してできた歌に送られ、交流船「えとぴりか」で根室市の根室港を出港した。歌は長い間使われていなかったが、今回の行き先が55年前の第1回と同じ歯舞群島の水晶島と色丹島となったことから復活させた。

 「故郷の島に帰る日が」というタイトルで、網走市の教育委員会職員が作詞、根室市の音楽家が作曲した。「♪異郷にたとえ眠るとも 島は故郷に変わりない」。長い間願ってきた墓参がやっとかなった元島民らの熱い思いを込め、第1回墓参団の出港の際に流された。

 この日は歌が流れるなかで出港…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

関連ニュース