[PR]

 高校野球奈良大会は26日、佐藤薬品スタジアムで準々決勝が2試合あり、4強が出そろった。高田商は、2点スクイズを決めるなど機動力を生かした攻撃をたたみかけ、登美ケ丘との接戦を制した。大和広陵と天理の一戦は両チームそれぞれ2桁安打の乱打戦となり、最後は大和広陵が猛追をかわして勝利した。28日は準決勝2試合があり、智弁学園―法隆寺国際、高田商―大和広陵が対戦する。

扇の要、チームけん引 天理・北野樹主将

 七回表、天理の北野樹主将(3年)は、今大会初めてキャッチャーマスクをかぶった。5点ビハインド。これ以上、与えられない。

 「低めにしっかり放ってこい」。マウンドの川上海地君(同)をリード。この回、大和広陵打線を三者凡退に抑えた。

 今春に痛めた肩に負担をかけないように、六回まで一塁手。味方の投手陣が次々と相手打線につかまるのを見て、何度もマウンドに駆け寄った。「大丈夫、次に点取ったるから」

 六回表の大和広陵の攻撃が終わると、スコアは11―3。ベンチに戻ると、北野君は中村良二監督に訴えた。「キャッチャーで行かせてください」。本当は「甲子園に行ったら」という約束だった。けれど、悔いを残したくなかった。

 北野君が扇の要に座ると、天理に流れが傾き始めた。七回裏に3点を返し、2点差に追い上げた。八、九回も無失点に抑えた。

 「昨夏に決勝で敗れた先輩たちの借りを返す」。肩を治して今大会に臨んだが、あと2点が遠かった。

 試合後、泣き崩れるチームメートに「相手の校歌が終わるまで、きっちりしよう」。そう言って姿勢をただした。吉田隼(はやと)君(同)は「いつもキャプテンらしくチームをひっぱってくれていた」と振り返った。

 北野君を取材陣が取り囲んだ。「負けは負けです。期待に応えられなくて申し訳ないです」。最後まで堂々と胸を張って答えた。(佐藤栞)