[PR]

 学校になじめない子どもたちが学外で体験的な学習をする「東大ROCKET(ロケット) in 広島」が25、26の両日、広島市内で開かれた。児童・生徒が課題解決に向けて「探偵役」となって、図書館や百貨店内を自由に動いて学んだ。

 東大ROCKETは、東京大学先端科学技術研究センターなどが2014年に始めた「異才発掘プロジェクト ROCKET」の広島版。ユニークな才能を秘めた子どもに、自由な学びのスタイルと場所を提供したいと、県教委が同センターと初めて共催した。

 同センターの中邑賢龍(なかむらけんりゅう)教授(人間支援工学)は「どこにも行き場がないという子どもがたくさんいる。ここなら行ってもいいという場所を、教育の中に作っていけたらいい」と話す。

 今回は小4~中3の計26人が…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら