[PR]

(26日、高校野球大阪大会 履正社2―0桜宮)

 三回裏、飛球が桜宮の左翼手・坂元彪吾君(3年)に飛んだ。強い風で流された打球は、伸ばしたグラブをはじいて転がった。打者は二塁に。しかし、坂元君は右手を高々と挙げてガッツポーズ。その後チームは2死二塁のピンチを無失点で切り抜けた。

 桜宮は今春から、ミスをしても悪い気持ちを引きずって新たなミスにつながらないように、あえてガッツポーズをして切り替えている。

 この日、桜宮の選手は暴投や四球で度々のピンチを迎えたが、その度にガッツポーズ。四回に本塁打などで2点を失った後も履正社打線がつながり、1死満塁とされたが、この日三つめの併殺で切り抜けた。

 五回以降はエース前田惣一郎君(同)と、今大会は先発、救援で全試合に登板した島元悠志君(同)が好投。履正社相手に接戦に持ち込んだが、惜しくも敗れた。

 試合後、北風和樹監督は選手らを集めた。「いい試合をありがとう。ピンチはチャンス、チャンスはショータイム、失敗してもネクスト。いいことも悪いことも力に変えてやりなさい。きょう負けたのは監督のミスだ。つき合ってくれるかな?」。そして全員で拳を高々と掲げ「よっしゃー」とガッツポーズ。監督を囲んだ選手の円陣には、笑顔と泣き顔が咲き乱れた。(川田惇史)