[PR]

 西日本新聞社(福岡市)の男性社員が、部下の女性社員にセクハラ行為をしたとして、懲戒処分を受けていたことがわかった。男性社員は3月末に退職した。

 同社によると、3月に女性社員が別の上司に相談し、社内調査を進めてセクハラ行為が確認されたという。同社はプライバシー保護などを理由に、被害の具体的な内容や社員の所属・肩書などを明らかにしていない。

 同社広報部は26日、「加害者の男性社員に対して厳正に対処しました。今後、研修の強化などを進め、再発防止に努めます」とのコメントを出した。