[PR]

 所得の一部を海外に隠して約8300万円を脱税し、海外資産を届け出る「国外財産調書」を提出しなかったとして、大阪国税局が家具輸入仲介販売会社の中村英樹役員(49)=京都市=を所得税法違反と国外送金等調書法違反(国外財産調書不提出)の疑いで京都地検に告発したことがわかった。重加算税を含む追徴税額は約1億1200万円で、大半は納付済み。国外送金等調書法違反容疑での告発は全国で初めて。

 関係者によると、中村役員は個人で家具の輸入仲介販売業を営んでいた2015~17年、計約2億1500万円の所得を申告せず脱税。そのうち7300万円を香港の預金口座に入れていたが、5千万円超の海外資産がある場合に提出義務がある国外財産調書を提出しなかった疑いがある。

 主に東南アジアの家具の輸入を…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら