[PR]

【アピタル+】患者を生きる・眠る「夜間頻尿」

 夜間頻尿を、「おしっこの問題」と軽く考えていませんか? 実はそのかげに重い病気が隠れているかもしれません。最近は夜間頻尿を重大な病気のサインととらえ、放置しないことが重要、と指摘されています。泉中央病院(仙台市)の中川晴夫副院長(泌尿器科)に聞きました。

 ――夜間頻尿とはどういう状態ですか?

 国際的には「排尿のために1回以上起きなくてはならないという愁訴」と定義されています。「愁訴」は苦しみなどを訴えることなので、1回以上起きていても本人が困っていなければ、定義のうえでは対象になりません。

 2回以上起きなくてはならない状態になると、生活の質(QOL)が下がるという報告が多くあり、このため、日本の医療現場では、夜間に2回以上、排尿のために起きなければならない状態を夜間頻尿と呼んでいます。

 ――夜間頻尿というと、泌尿器科を受診するイメージがあります。

 夜間頻尿になる病気はいろいろありますが、実は泌尿器科の病気ではないほうが多いです。

 夜間頻尿の原因のうち、夜間のみ尿量が増える「夜間多尿」は、前立腺や膀胱(ぼうこう)の問題では起きません。前立腺や膀胱の問題ならば、夜間だけでなく昼間も頻尿のことが多いです。たとえば、膀胱が縮み、過敏に動くことで頻尿になる「過活動膀胱」の人はだいたい昼間も症状があり、こちらは泌尿器科で対応する病気になります。

 昼間はまったく症状がない、昼間はむしろトイレは遠い、という人が夜間になると頻尿に悩む。こんなケースが夜間多尿で、原因となる病気は全身疾患のことが多く、内科で対応する病気が多いです。

 ――たとえば、どんな病気でしょうか?

 夜間頻尿の人は高血圧のことが多いと言われています。そのなかでも夜間に血圧が下がらない夜間高血圧は、脳血管障害などのリスクを高めます。糖尿病の症状のひとつとして夜間頻尿が出ることもあります。睡眠時無呼吸症候群も最近、夜間頻尿との関連が注目されている病気です。これらの病気は泌尿器科ではなく、内科を受診することが必要です。

 また、下肢浮腫(足のむくみ)は加齢とともに増えますが、これも夜間頻尿との関連が指摘されています。寝る前に足にたまっていた水分が、寝て体を横にすることによって上半身に戻ってきて、その不要な水分を排出しようとして尿量が増えると考えられています。これを防ぐには、寝る前に足の筋肉を動かし、足にたまっていた水分を上半身に戻しておくことが効果的です。夕方に30分以上散歩することをお勧めします。

写真・図版

 ――夜間頻尿と転倒・骨折との関連も指摘されていますね。

 そうです。海外の研究ですが、夜間の排尿回数が1回と比較して、転倒は2回で1・84倍、3回以上で2・15倍になると報告されています。70歳以上の高齢者を対象にした国内の研究では、夜間の排尿回数が2回以上のグループは、1回以下のグループと比較して、骨折のリスクが2・01倍でした。

 夜間は暗いですし、何かにつまずいて転んでしまうおそれもあります。起き抜けでぼんやりした状態で歩いていることも、転倒のリスクを高めます。

 転倒と骨折がきっかけで要介護状態になることは少なくありません。健康寿命をいかに延ばすか、という視点からも、夜間頻尿は重大な問題だと思います。

 ――死亡率を高めるという報告もあるそうですね。

 夜間頻尿と死亡との直接的な関連では明らかではありません。ただ、たとえば睡眠時無呼吸症候群のある人は、将来、脳血管障害や心筋梗塞(こうそく)などになりやすいと言われています。夜間頻尿のかげに死亡率を高める病気が診断されずに隠れていて、その初期症状として夜間頻尿が出ている可能性があると思います。

 夜間頻尿の人でいびきを家族から指摘されている場合は睡眠時無呼吸症候群の可能性もあります。睡眠中に口が開いていることが多いので、起きたときに口が渇くのも特徴のひとつです。夜間頻尿にいびき、起きたときに口が乾く、ということが重なれば、睡眠時無呼吸症候群の検査を受けてみるといいのではないでしょうか。

 ――ほかにどんなときに、受診を考えたらいいでしょうか?

 「急激な変化」があった場合には、注意しましょう。たとえば、夜間の排尿回数がこれまで1回だったのが急に3回になったというようなケース。こうした場合には、軽く考えず、かかりつけ医に相談すると良いでしょう。

 ◇ご意見・体験は、氏名と連絡先を明記のうえ、iryo-k@asahi.comメールするへお寄せください。

<アピタル:患者を生きる・眠る>

http://www.asahi.com/apital/special/ikiru/(聞き手・武田耕太)