[PR]

 台風6号は日本の南の海上を北上し、週末には東日本の太平洋側に接近、上陸する見通しだ。気象庁によると、27日から28日にかけて東海や近畿で大雨となる恐れがあり、土砂災害や河川の増水に注意するよう呼びかけている。

 気象庁によると、台風は26日正午現在、和歌山県・潮岬の南約350キロを時速20キロで北に進んでいる。中心気圧は1千ヘクトパスカル、最大瞬間風速は25メートル。

 台風は27日朝、和歌山・紀伊半島付近に上陸する恐れがある。その後、東日本の太平洋側へ進み、28日朝までに熱帯低気圧に変わって関東甲信に接近する見込み。

 台風の接近に伴い、東日本の太平洋側は26日夜から28日にかけ、雷を伴った非常に激しい雨となる恐れがある。27日正午までの24時間雨量は東海で180ミリ、近畿で150ミリ、関東甲信で80ミリ。28日正午までの24時間雨量は東海で100~150ミリ、近畿と関東甲信で50~100ミリ。