写真・図版

  • 写真・図版
  • 写真・図版
  • 写真・図版
[PR]

経世彩民 大月規義の目

 「ギョ、ギョ~!」――。7月25日、東京・霞が関にある復興大臣の部屋に、さかなクンが現れた。震災復興に貢献した団体や個人に感謝状を贈る、復興庁の催しだった。

 さかなクンは岩手県久慈市で被災した水族館の再建を手伝ったという。感謝状を左手に持ち、右手は耳の上にかざすポーズ。感謝状を渡した7代目の復興相、渡辺博道氏も同じポーズでおどけた。

 そんな穏やかな時間を過ごすほど、大臣にも役所にも余裕がある。見方を変えれば、暇そうにも映る。すべて8年前に比べれば、という話である。

 その4日前、私は盛岡市にいた。参院選の投開票の夜だった。初代の復興相を務めた平野達男氏(自民)が、事前の情勢で「不利」と伝えられていた。

■「恥をかかせられ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら