[PR]

(26日、高校野球京都大会 立命館宇治5―2龍谷大平安)

 昨夏の京都大会覇者で、今春の選抜ベスト8の龍谷大平安が準決勝で敗れた。この日は守りでミスが続いた。三回、同点に追いつかれなお2死二、三塁で、遊撃手が打球をこぼし、1点を勝ち越された。この試合で4失策を記録し、そのうち3失策が失点に絡んだ。原田監督は「ぐちゃぐちゃのまま終わった。守りからリズムをつくらないといけないのに、夏はそれができなかった」。