[PR]

 2019年1月、米デトロイトで開かれた「北米国際自動車ショー」。トヨタ自動車のある新車が注目を集めた。

 かつて人気を誇ったスポーツカー、スープラだ。

 直列6気筒エンジンとFR(後輪駆動)が特徴で、新型は5代目となる。初代は1978年に北米で発売された。日本では「セリカXX(ダブルエックス)」として売られ、86年の3代目からスープラの名前になった。02年に生産を終了していたが、独BMWとの共同開発で17年ぶりに復活した。

 豊田章男社長はステージ上で訴えた。「スープラ・イズ・バック・ベター・ザン・エバー!」(スープラが帰ってきた。これまで以上に良くなって)

 自動運転の実現が近づき、「車はカーシェアでいい」という人も増えつつある。それなのになぜいま、スポーツカーを出すのか。

 少し前まで、スポーツカーには…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら