[PR]

 米国で連邦政府による死刑の執行が今年、16年ぶりに再開される。米国内では州レベルでの死刑執行数が減少傾向にあり、廃止論が広がりつつある。世界の潮流にも反する司法省の判断には、トランプ大統領の意向も反映されたとみられている。

 「我々は犠牲者や遺族に対し、司法によって下された判決を前に進める義務を負っている」。バー司法長官は25日、執行再開を発表した声明でそう述べた。

 司法省は、1999~2004年に各地の連邦地裁で死刑判決を受け、確定した5人の刑を12月から来年1月に執行する。

 米国では事件の大半は各州の裁判所で審理されるが、複数の州で起きた連続事件や、連邦捜査局(FBI)が捜査した場合、連邦裁判所が管轄する。

 連邦レベルでの最後の死刑執行…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら