[PR]

 水泳の世界選手権最終日は28日、韓国・光州で男子400メートル個人メドレー決勝があり、瀬戸大也(25)=ANA=が4分8秒95で2大会ぶり3度目の優勝を果たし、個人メドレー2冠で200メートルに続いて東京五輪出場が内定した。日本勢の1大会2冠は2003年の北島康介に続き2人目。世界選手権金メダルは通算4個となり、北島を抜いて日本選手歴代最多となった。

 瀬戸は銀メダルだった200メートルバタフライと合わせて今大会三つ目のメダル獲得となった。

 レース後のインタビューで瀬戸は「頑張れば、努力は報われるって本当に今回思いました。金メダルをとれたのはそれを表してくれたと思う。今回、すごくよかったんですけど、来年にしっかりつなげたい」と話した。