[PR]

 陸上の実業団・学生対抗大会は27日、神奈川・Shonan BMWスタジアム平塚で行われ、男子110メートル障害で高山峻野(しゅんや、ゼンリン)が13秒30(追い風1・9メートル)の日本新記録をマークして優勝した。従来の記録は13秒36で高山を含む3選手で並んでいた。高山は「風のおかげもあるけど、うれしい。最後までスピードが落ちずに走りきれた」と喜んだ。