[PR]

 日光市の「小槌(こづち)の宿 鶴亀大吉」が天皇陛下ご即位のお祝いと良縁を願い、日光二荒山神社に「打ち出の小づち」を奉納した。

 奉納した小づちは長さ1・6メートル、重さ450キロの鋳物。7月末に神社の鳥居前で除幕式があった。昨年末には近くに大国様像も奉納された。「神をまつる入り口付近がにぎやかになった。小づちに触れるだけでご利益がありますよ」。神職たちはPRしていた。(梶山天)