[PR]

 北朝鮮の宣伝ウェブサイト「わが民族同士」は28日、日韓軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の破棄を韓国に要求する論評を掲載した。半導体材料の輸出規制問題で日韓関係が悪化していることに乗じて、両国の安全保障協力にくさびを打ち込む狙いがあるとみられる。

 GSOMIAは、日韓間で軍事技術や戦術データなどの防衛情報を共有することを定めたもので、2016年の締結後、1年ごとに自動延長されてきた。論評は、GSOMIAについて「日本に軍国主義復活と朝鮮半島再侵略の足場を提供する戦争協定だ」と批判。「民衆の心は親日売国の協定破棄を求めている」と主張し、韓国が破棄するよう求めた。

 GSOMIAは東アジアの日米韓の安全保障協力に貢献するとして米国も強く支持している。輸出規制をめぐり日韓関係が悪化する中、韓国では市民団体や一部国会議員から「GSOMIAを破棄すべきだ」との意見が出始めており、米国は神経をとがらせている。(ソウル=武田肇)

(あわせて読みたい)盗聴率「100%」 世界と接続しない北朝鮮スマホ入手
当局には貴重な収入源ですが、世界各地で民主化デモのツールとしても使われるスマホ。北朝鮮の防御は鉄壁でした。
(こんな記事も)北朝鮮メディア、異例の韓国映画紹介 格差社会を批判
韓国社会を「希望も未来もない社会」とこき下ろし、北朝鮮は「世界がうらやむ対象」と自賛しましたが……。