[PR]

 愛知県で開催中の現代アートの祭典「あいちトリエンナーレ」では、国内外の舞台14本が上演される。キュレーターは、国際舞台芸術祭「フェスティバル/トーキョー」で初代プログラム・ディレクターを担ったアートプロデューサーの相馬千秋が務める。

 スイスの演出家・作家ミロ・ラウがベルギーの劇場CAMPOとつくった「5つのやさしい小品」(8月2~4日)では、1990年代にベルギーで起きた連続少女監禁殺害事件を、当時の証言や資料をもとに子供たちが「再現」した。

 舞台上でまず自分自身について…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら