[PR]

 日本列島に人はどうやって渡ってきたのか。その謎の解明を目指した国立科学博物館による「3万年前の航海 徹底再現プロジェクト」が先月、台湾から与那国島へ丸木舟で渡ることに成功した。ただ、旧石器時代のこの地域に丸木舟があったのか、木の伐採や加工に使った石斧(せきふ)が存在したのかといった確証はまだない。当時の航海をはっきりと描き出すには、さらなる研究が欠かせない。

 約200キロ離れた台湾の東海岸を出航してから約45時間。全長7・5メートルの丸木舟「スギメ」が7月9日、黒潮を越えて与那国島の砂浜に到着した。

 舟をこいだのはシーカヤックのガイドら男女5人。3万年前の航海を再現するため、夜間航海に必要な航行灯などを除いてコンパスや地図を持たず、太陽や星で方角を探りながら舟を進めた。水と食料を積み、用は海につかって足した。

 方角を完全に失ったり、波が高くて海水をかき出し続けないといけなかったりする時間もあった。2日目の夜は全員が休息したが、与那国島へ向かっていた潮の流れに助けられた。

 プロジェクトを率いた国立科学博物館の海部陽介・人類史研究グループ長は、ついに海を渡ったことに「優秀なこぎ手と丸木舟があれば黒潮に流されずに海を渡れることが分かった」と語った。

 日本列島に人が暮らし始めた約3万8千年前。アフリカを出た現生人類はアジア大陸から北海道と対馬、沖縄の三つのルートで日本に渡ったらしい。このうち沖縄ルートに当たる琉球列島の島々には3万年前ごろの旧石器時代の遺跡が点在しており、黒潮の流れる海を越える技を身につけた人々がやって来たと考えられている。

 では、どんな方法で流れの速い海を渡ったのか。現地で調達できる材料で舟をつくったと想定し、プロジェクトが2016年につくったのがヒメガマを使った草束(くさたば)舟だった。安定した形にできたものの重くて速度が出ず、与那国島から西表島への実験航海で流され、出発から約8時間後に航海を断念した。

 次につくったのは竹筏(たけいかだ)舟。台湾に育つ大きなマチクを材料にした。製作技術が伝わる地元のアミ族の人たちに協力してもらい、17年に台湾東海岸で実験航海したが、これも船体が重く速度が出なかった。軽くした2隻目もうまくいかなかった。海部さんは「草と竹は舟でなく漂流物だった」と振り返る。

 最後に残ったのが丸木舟だった。しかし、国内の丸木舟は縄文時代の約7500年前が最古とされ、3万年前とは隔たりがある。海部さんも当初「丸木舟の可能性は極めて小さい」と言っていた。

 ただ、旧石器時代に遠距離の航…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら