[PR]

 東京五輪の暑さ対策として、東京都が「かぶる日傘」を製作し、本番に向けて始まったテスト大会で効果の検証を始めた。斬新な見た目がネット上で「ダサい」と突っ込まれるが、その使い心地は。

 都心で最高気温が33度を超えた26日。潮風公園(品川区)で開催中のビーチバレーテスト大会で、検証が始まった。日差しが照りつけるなか、会場には両手で案内文を掲げるボランティアの姿。その頭に乗っているように見えるのが、かぶる日傘だ。男女兼用で直径60センチ。傘の内側についたヘアバンドで頭にくくりつけている。

 ボランティアは時々、来場者からカメラを向けられていた。男性(55)は「正直、最初は恥ずかしかったけど、かぶると日差しが遮られて涼しい」と評価。「傘は差すという固定観念があるから笑っちゃうけど、自分の姿は見えないから平気になった」と慣れた様子。別の女性(72)も「昔の飛脚みたいで恥ずかしかったけど、意外に涼しくて両手が使えていい」。アルゼンチンからの来場者にも「It’s cool(いいね)」と声をかけられた。帽子と違い、傘と頭の間に数センチのすき間ができて涼しく感じるという。

 記者もかぶってみた。ヘアバン…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら