[PR]

 日米などが米ハワイ島に建設しようとしている世界最大級の天体望遠鏡「TMT」が、先住民の聖地マウナケア山の景観や環境を壊しかねないとして、建設に反対する住民らが道路を封鎖する騒ぎになっている。非常事態宣言が出され、日本のすばる望遠鏡など運用中の望遠鏡も観測中止に追い込まれた。収束の見通しは立たず、科学の発展と地元の理解をどう共存させるか、知恵が試されている。

 観光客でにぎわうオアフ島と違い、火山や熱帯雨林の自然豊かなハワイ島で7月17日、住民33人が逮捕される混乱があった。望遠鏡が建設されるマウナケア山山頂への唯一の登山道に数百人が座り込みを始めて3日目。現地メディアによると、ハワイ語で「クプナ」と呼ばれる長老も逮捕され、抗議が激化。ハワイ州のデービッド・イゲ知事は非常事態宣言を発令した。その後も参加者は千人以上に増え、オアフ島のホノルルでもデモ行進があった。

 すばる望遠鏡など山頂に13基ある望遠鏡は、いずれも職員が現地に行けなくなって観測中止に。緊急のメンテナンス時だけ住民側の許可を得て通してもらっているという。現地に滞在する国立天文台ハワイ観測所の吉田道利所長は取材に「収束の見通しはまったく分からない」と答えた。

 TMTの建設でもめるのは、山…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら