[PR]

 佐竹敬久知事は29日、参院選後初となる定例記者会見で、秋田市に配備が検討されている陸上配備型迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」への反感などが、自民現職候補の逆風になったと分析した。一方、防衛省の再調査などについては「観点がずれている」と繰り返し批判した。

 佐竹知事は落選した自民現職候補について、県北や県南部での知名度不足が響いたことに加え、候補者の地元である秋田市でも陸上イージスが敗因となったと分析。党幹部が続々と来県したことも、「中央から大物が入ると反感を買う。自民党の選挙の仕方はどうなのか」と疑問を呈した。

 一方で初当選した野党統一候補の寺田静氏について、「私も何度か会っているが、感じの良い人」と評価。女性候補として女性の支持を広げたとした。

 争点となった陸上イージスを巡…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら

関連ニュース