[PR]

 丸山穂高衆院議員は29日、国会内で「NHKから国民を守る党」(N国)の立花孝志代表と会談し、立花氏の要請に応じて同党に入党することで合意した。丸山氏は北方領土返還に関して「戦争」に言及し、日本維新の会から除名されていた。N国は丸山氏を加えて衆参2議席の政党となる。

 N国は受信料を払った人だけがNHKを視聴できるようにするスクランブル放送の実現を訴え、参院選で候補者たちは「NHKをぶっ壊す」と連呼してきた。丸山氏はこの日の会談後の共同記者会見で「NHKのスクランブル放送を実現する一点で共闘する。そのほかの政策への対応は一切自由だと合意に至った」と述べた。立花氏は「ドラフト会議とかで希望選手を獲得した監督のような気持ちだ」と語った。

 立花氏は25日、自らのツイッターに「毒をもって毒をせいす」と書き込んでいたが、丸山氏は会見で「『毒って私か』と思いながら……まあ、毒なんですが。でも立花代表も十分、毒で、混ぜて劇薬にして、変えなければいけない部分に突っ込む薬にしたい」。立花氏は「僕も丸山氏も自分の思いをはっきり言うのでたたかれる。毒は良い意味ですよ」と語った。

 丸山氏の「戦争発言」で、衆院は全会一致で「糾弾決議」を可決したが、丸山氏はこの日も議員辞職を否定。立花氏は「丸山氏は犯罪をしたわけでもないのに『議員を辞めろ』と言うこと自体が国会議員の劣化だ」と丸山氏を擁護した。

 一方、維新の松井一郎代表(大阪市長)は丸山氏のN国入党について「全く興味がありません。僕がそのことで怒りを爆発することが損です。ろくなもんじゃない」と記者団に語った。