[PR]

 自民党の萩生田光一幹事長代行がインターネット番組で、憲法改正の議論加速を図る「憲法改正シフト」の布陣を敷く文脈で大島理森衆院議長の交代論に言及した。参院選後、改憲議論の加速でアクセルを踏んでいる安倍晋三首相の側近による発言だけに、与野党に波紋が広がっている。

 発言は26日夜、改憲論議における衆院議長の役回りの重要性について、出演者のジャーナリストから問われた際に出た。萩生田氏は「憲法改正をするのは総理ではなく国会で、最終責任者は総理ではなく議長」と主張。大島氏について「立派な方だが、どちらかというと調整型。議長は野党に気を使うべき立場だが、気を使いながら(憲法審査会の)審査はやってもらうように促すのも議長の仕事だったと思う」と述べ、不満をにじませた。

 「三権の長」である衆院議長は…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら