着ぐるみダンス練習後、28歳が熱中症で死亡 ひらパー

[PR]

 大阪府警は29日、同府枚方市の遊園地「ひらかたパーク」で、アルバイトの男性(28)=同市=が着ぐるみ(総重量約15キロ)姿でのダンスの練習後、熱中症で死亡したと発表した。詳しい死亡の経緯を調べる。

 枚方署によると、男性は28日午後7時半ごろから、同園の屋外ステージで十数人のスタッフらと着ぐるみ姿でダンスの練習を始めた。練習後に意識を失って救急搬送されたが、まもなく病院で死亡が確認されたという。着ぐるみは、パークにすむという妖精キャラクターの一種。

 大阪管区気象台によると、枚方市の28日午後8時時点の気温は28・7度だった。同園を運営する京阪レジャーサービスは「心からおわびいたします。原因を究明したうえで、再発防止に取り組んで参ります」とコメントした。着ぐるみが出演するイベントは当面休止するという。

有料会員になると会員限定の有料記事もお読みいただけます。

今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント