[PR]

 京都市伏見区のアニメ制作会社「京都アニメーション」第1スタジオで35人が死亡した放火殺人事件で、青葉真司容疑者(41)=殺人などの容疑で逮捕状=が京都へ向かう直前に、約5万円の現金を金融機関の口座から引き出していたことが捜査関係者への取材でわかった。宿泊代や交通費、ガソリン、台車などの購入にあて、事件当日までにほぼ使い切ったとみられる。

 捜査関係者によると、青葉容疑者は事件3日前の7月15日、さいたま市見沼区の自宅を発ち、新幹線で京都に入った。出発前、自分の口座から現金をまとめて引き出していたという。

 青葉容疑者は京都に着いてすぐ、京都府宇治市の京都アニメーション本社や伏見区の第1スタジオなどの周囲を巡った。翌16日は京都駅前のインターネットカフェに立ち寄った後、再び宇治市へ。両日とも移動に電車を使い、ICカードではなく、現金で切符を買って乗車したとみられる。15、16両日は京都市内のホテルに宿泊した。

 事件前日の17日は、宇治市内の量販店で、1個約3千円のガソリン携行缶二つのほか、台車やバケツ二つ、ライターなどを複数回にわけて現金で購入。その後、本社や第1スタジオなどを再び巡っていた。

 この日は台車を押しながら、本…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら